禁煙ファシズム

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
たばこを吸うと肺がんになる――世界的に広まるこの“定説”は、禁煙運動
が進めば進むほど、疑わしくなってくる。イギリスは昔から喫煙大国と呼ば
れてきたが、さまざまな禁煙措置により喫煙率は27%にまで下がっている。
にもかかわらず、肺がん患者は増え続けて死亡率も高い。たばこ以外の因果
関係を本気で調べなければ、がん治療の未来は拓けないと考えるのは自然な
流れだろう。さらに、世界各国の喫煙率と肺がんの死亡者数を比べてみると、
ある傾向に気付く。中部大学教授の武田邦彦氏がいう。「イギリスは肺がん
による死亡者数は10万人あたり721人ですが、イギリスと同じくらいの喫煙
率であるフランスの肺がん死は386人と約半分。イギリスやドイツ、ロシア
といった北にある国々が喫煙率に対して肺がん死が多い傾向があることが
分かります。日本も決して例外ではない。1960年代後半に83%以上いた男性
の喫煙率は、現在半分以下の40%を切っている。その反面、肺がんの死亡者
数は右肩上がりで年間6~7万人にまで膨れ上がっているのだ。ではなぜ、
たばこだけが肺がんの誘発要因とされているのか。今でこそ中国から飛散
するPM2.5の人体に与える健康被害が心配されていますが、これまで科学的
なデータを取ってこなかったのは、クルマ社会や工場のフル稼働によって
人間が恩恵を受けてきたから。その一方、『百害あって一利なし』といわれ
るたばこは禁煙運動の流れもあって槍玉に挙げやすかったのです」。行き
過ぎた“たばこ狩り”は、肺がんの撲滅に繋がらないばかりか、人々の関係
性さえぎくしゃくさせる。こんな禁煙ファシズムがまかり通って、一体誰に
どんなメリットがあるのだろうか。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

_んまぁ、1万歩譲って健康被害を認めるとしてもぉー。
_なんでそんなに長生きしなけりゃならんのか、オラには分からん。
_ピンピンコロッ、てぃんぽがピンピンしなくなったらコロッと逝きたいゎ。
_年金社会保障には、不健康が1番の特効薬なんだって。
[PR]
Commented by しんざんかも at 2013-10-30 20:30 x
ナニをやめて激太りし、およそ農民とは言えない腹回りに初対面の人にも気軽に日々いじくられる僕です。
今は亡き我が祖父は葉巻とパイプが大好きでして、個室トイレの壁は直ぐに真っ黒になり、祖母~嫁~若嫁にこっぴどく怒られてましたが全く懲りず、米寿を過ぎての口癖は「な!タバコ吸うて長生きせんとはどこの阿呆が言うとんのぢゃ、わしが身を以て違う事を証明したる。」でした。  で、すい臓がんでした。
Commented by COOPER99 at 2013-10-30 22:25
> しんざんかも さん
どうせ激太に成るなら、ナニの部分だけ成ってもらいたいもんです。(^u^)
同じく、死んじまった叔父さんも超ヘビースモーカーでしたが、
肺とは関係ありませんでした。
タバコなんかより大気汚染、PM2.5の方がずぅ~っと危険っす。
by COOPER99 | 2013-10-30 19:41 | うぃっす | Comments(2)

マグナムが効かねぇ!


by COOPER99