2-3 ブレーキ ローター

パッドの次はローターですね、ねずみチュー鉄の出番ですよぉ。
別に特別ではなく、殆ど皆このローターです。ちなみにバイクは、殆どが
ステンレスなんですな。理由は単に見た目で、良いのは鋳鉄ですが錆びる
のですよ。ここからは、ディスクブレーキに絞って話を進めます。ローター
にはソリッドとベンチレーテッドがあります、表と裏の間に空気の通り道
の有る無しですね。まあココを除いている人だと、ベンチレーテッドが
当り前でしょうが。更にローター摩擦面に穴が開いていたり、溝が切って
あったりします。

さて、その違いは何でどういったメリットデメリットがあるのでしょう?。
ベンチレーテッドの理由は、冷却のみと言ってよいでしょう。表面積を
増やすと共に、回転を利用して空気を入替え放熱を促進するのです。
ブレンボなどは表から見えないこの空気の通り道など、強度を保ちつつ軽量
で放熱効果が高い形状の工夫が評価されているんです。次に穴や溝の効果
ですが、主にブレーキカスの吐き出しです。常にローターとパッドの接触面
を綺麗にしておく事で、効きの安定化を図っています。水に濡れた場合の、
水分除去も同じですね。穴の配置にも工夫があって、パターンノイズが
出ないようになっています。(以前はワザと残して有って、音でブレンボ
だって聞き分けられました)穴と溝では、一般的にウケが良いのが穴で
ツウ好みなのが溝ですね。ローターを割った事が有る人は、溝派へ改宗する
パターンが多いです。かっこよく呼ぶ時は、ドリルドローターとスリット
ローターって言ってね。

更にディープな世界へ行きましょう、何でローターが割れるか?。別に誰か
が叩いているのでは有りません、熱疲労と呼ばれるものです。ブレーキの
度に熱せられてはさめるの繰り返しで、その都度熱膨張と収縮を繰り返す
事になるのです。パンツのゴムと一緒で、何時かは切れる時が来る。ここで
重要なのは、熱容量です。ブレーキのキャパシティには2つの要素があり
ます、1つは単位時間当たりの仕事量でもう1つは単体での熱容量です。
どう言う事かというと、箱根を下ってきてもちゃんと最後まで効いて料金所
で止まれるかが仕事量。ふわわkmで走行中にパンダ発見、緊急ブレーキ
一発で音を上げず無事な事が熱容量です。(分かるかな?)要は発熱に冷却
が追いつくか、緊急の時は冷却時間が無く発熱を吸収できるかって事です。
有る温度を超えれば、ローターが変形してしまいます。温度変化が激しい
程、熱疲労が進行し割れるのが速くなります。

ココまで来ればもうお分かりですね、ローターに必要なのは強度を保ちつつ
軽量で放熱効果が高く熱容量が足りている事です。難しいですな、だから
ローターを替える時は良く考えましょう。単純にゴツけりゃイイって物で
はないのです。まあローターを替えるとなると、キャリパーもパッドと考え
なければいけなくなるのでハードルが高いですね。足りないのは何かを、
見極めてから対策を考えましょう。

とっ、ココで上級講座。
車だと市販車には殆ど見られませんが、バイクには見られる物が有ります。
それはフローティングディスクと、花びらディスク。ディスクもローター
も、同じ物ですが。フローティングってのは、読んでその通り浮遊して
いる物。花びらは、見た目の形状です。ローターが発熱すると、当然ながら
熱膨張で変形します。なるべく均等になるように考えてありますが、丸で
あることは変らないので均等にならないところも出て来ます。すると逃げ
場を失って波打ったように、反ってくるのです。これにキャリパーが追従
できなくなると、効きが弱くなってしまいます。それを防止するために、
ローターを動けるようにして、反ってしまってもキャリパーに影響を及ぼ
さないようにするのがフローティングです。車だとベルハウジングって、
ローターの中と外が2部品になったのがありますよね。こうすると、内側
のハウジングの方に熱を伝えない工夫をすれば。ハブの熱膨張を防ぐ効果
も期待できます。欠点としては、フローティング部分が減るので定期メン
テナンスが必要になる。フローティング部分から音が出るなどです。
花びらディスクの方は、最外周にもスリットを付けたらデコボコの丸に
なったって奴です。本当は軽量化を考えていたら、そこが残っていたのに
気付いたんですな。出てきた時にはびっくりしましたね、見た目のイン
パクトは思ったよりも強烈です。いいのかこんなの?って、その後に
やられたぁー気付かなかったよぉーって思います。


宿題コーナー

ベンチレーテッドディスクを3枚におろしてみよう。♪
(って、できるかこのぉー!)
でも、中を見ないとブレンボの良さが分からないよねぇ。
[PR]
Commented by PANDA at 2007-01-24 22:50 x
先生!パンダではなくって鹿とかエルクではないのですか。(爆)
Commented by shoot_head at 2007-01-25 00:02
ローター交換するほど走っていないですが、バイクのほうがよく見えるから分かりやすいです!
花びらディスクは外見上の好みだけですが、一時期気になってました(笑)
Commented by ryo716 at 2007-01-25 01:24
ええと、ベンチデーデイトかぁ。いいよねぇ。スリットというとオイラはチャイナドレスしかイメージできないのですが・・・(ё_ё)キャハ
バイク用といえば、フロントにちっこいローター2枚つけるよりでっかいの1枚つけた方が効きが良い(てこの原理で)、という話聞いたことあります。でもダブルの方が見栄え良いので・・・というのもあるらしいですね(^^;
Commented by ryoo2006 at 2007-01-25 05:27
PCCBが出てきたときは、びっくりするような値段の代償として、驚異的耐久性素材と信じられないような軽量化、そして、半永久的な効きを約束していると言われていました。現実には未だに完全な2年保証すら出来ませんね。(まあ、鉄ローターが保証出来るのはそのコストが安いからかもしれませんが)そして、その値段も生産性も標準装備にするにはまだまだ問題があります。Cooper先生はこいつが将来すべての車において主流になり得るとお考えでしょうか。
Commented by tsr-silver at 2007-01-25 12:45
cooper氏が花びらというとオイラは回転しかイメージできないのですが・・・(ё_ё)キャハ
Commented by COOPER99 at 2007-01-25 21:11
> PANDA さん
鹿やエルクなら逃げてくれますが、日本のパンダは追いかけてきますから
ねぇ。(笑)当たっても合掌で済むのと、一生監視されるのでは大違い
ですからぁ。(公安 怖っ)
Commented by COOPER99 at 2007-01-25 21:11
> shoot_head さん
最初は、先っちょだけ熱で反ってしまわないか心配でした。
今ではGPマシンでも採用されているので、問題は無いようですね。
インパクトでかいですよねぇー。(ポチィ)
Commented by COOPER99 at 2007-01-25 21:11
> ryo716 さん
んっ?パンツデデート?。そう来ると分かっていたよ、フフフッ。
効きだけでいくと、ビューエルみたいにリムオンディスクなんて方法も
あるからねぇ。アレも乗ったけど、実際良く効きましたぜ。
一発屋としては、CBX400Fに付いていたのとか。(懐かしぃ)
Commented by COOPER99 at 2007-01-25 21:12
> ryoo2006 さん
宣伝が過大だったわりに、サ-キットはダメって何故隠していたのかなぁ。
大きな汚点を残したと、オラは思うけどねぇ。(質実剛健イメージが・・)
搭載車種は増えるだろうけど、主流にはなら無いだろうね。主流は、回生
ブレーキ系のエネルギー回収の方が伸びてくるでしょう。
Commented by COOPER99 at 2007-01-25 21:12
> tsr-silver さん
潜望鏡とか回転とか、皆さん豊富な知識をお持ちのようで。
まぁ伝統芸も趣があってよろしいですが、オラは最新の超絶テクにハマって
おりますので。(ぶひゃひゃ)
Commented by ryo716 at 2007-01-25 21:32
わたし・・・
銀○さんはむっ○りだと確信しました・・・
Commented by 銀亀 at 2007-01-26 12:49 x
↑ 確信しないでほしい・・・。
by COOPER99 | 2007-01-24 21:22 | COOPER塾 | Comments(12)

マグナムが効かねぇ!


by COOPER99