人気ブログランキング |

65,67,69

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
米では昔のマスタングをレストアして楽しむファンが多い。そんなファンに
向けて、フォードが、次々と1960年代の「マスタング」のレストア用ボディ
を発売している。11月に行われたSEMAショーでは、1965年型「マスタング
コンバーチブル」のボディの発売が発表され、今回はそれに1967年型「マス
タング コンバーチブル」のボディが加わることが決まった。この新型ボディ
はDynacorn International製で、シャシーに簡単にはめ込むだけで取り付け
られるように改良してあるだけでなく、オリジナルのボディよりも厚みの
ある高級メタルを使用している。古いオリジナルボディのサビ取り作業など
に煩わされず、時間とコストが節約できるというわけだ。今回新たに発売が
決まったボディは、1965年型&1967年型「コンバーチブル」、1967年型&
1969年型「ファストバック」の4モデル。価格は、いずれも約125万円となっ
ている。メーカーが旧車のボディを発売するというこの仕組み、日本のメー
カーにもぜひ見習ってほしいものだ。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

d0008367_22471920.jpg


某86とかとは大違いだなぁ。
まぁ、ラダーフレームってのもあんだけどぉ。
Commented by shigeru.cc at 2012-01-09 13:07 x
今年もよろしくです。
ランクル40系のホワイトボディーが買えると思えばいいんだよね。
なんちゃっての国では絶対無理だけど。
ラダーフレーム所有率50%の僕はたいへん嬉しいことですが
消耗品と割り切る国がこんな一面もあるっておもしろい。
こうなると100年は走れるな。
プレス機や型は昔の使ってんのかな?  スタッフも?(笑)
Commented by COOPER99 at 2012-01-09 21:11
> shigeru.cc さん
今年もヨロヨロシクシクですぅ。(^u^)
たくさん出回ってそうw>ランクル40系のホワイトボディー
コピーと言えば、中華製で出しゃあエェのになぁ。
運送業でも始めますかぁw>ラダーフレーム所有率50%
消耗品と割り切る国だからこそ、出来るのかもしれませぬぅ。
実は、100年以上続く企業が1番多い国はにゃ本なんだけどねぇ。
板厚変えてるって事は新型おこしてるんだろうけど、スタッフは
往年の爺ちゃんだったりするかもぉ。w
by COOPER99 | 2012-01-08 22:47 | うぃっす | Comments(2)

マグナムが効かねぇ!


by COOPER99