人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

EVO

エボはエボでも993GT2EVOを見ぃーちゃった。
某近所の鶴仙人の所に、オーバーホールで入ってました。
フロントのボンネットに、クイックチャージャーが付いてます。
右リアフェンダーには、エアプレーンキャップのオイル注入口がシブイ。
ガラスはポリカに成っていて、サイドはスライド式だしリアは飛んで行か
ない様にバンドで押さえて有ります。車高はペッタンで、思いっきりタイヤ
に被ってます。高さではなく隙間が指1本なんですがぁ、ハンドル切れる
のでしょうか?。ECUはなんと、TAGマクラーレン製でんがなぁ。
バックアップ電池の交換に送って、帰ってきたところだそうです。
電池換えるだけで20マソ、3回目でどんどん値上がりしていくのだ。
生産11台で、走行可能な生き残りが6~7台、日本には2台と言う貴重な
車です。オラオラオーラが、出まくりやがってますな。(笑)

もういっちょ、現在製作中の997ターボ720PS仕様。
只今、バラバラに成っております。(爆)
なんで、一糸まとわぬスッポンポンのエンジンと、ゴチャゴチャな補機類
の中からVTGのタービンを覗き見しやした。タービンサイズはちっこい
くて、形も普通のかたつむりですね。でも驚く事に、可変用のステッピング
モーターやらコントロールユニットが一体でくっ付いてます。溶けちゃわ
ないのでしょうか?、直付けですからねぇよっぽどスペースが無いとか。。
んでもって、ウェイストゲートバルブが有りまへん。ダイアフラムの圧力
センサーからは、ロッドではなくホースがVTGのユニットへ繋がっている
だけ。そこでふと考えたのだけど、VTGがそんなに器用だとは考えられ
ないので、これは電子制御スロットルとの合わせ技なんだろうなぁーと。
すげぇ~なぁ~と思うと同時に、どんどんエレキに成り代わって人間の
アナログな感覚とは離れていくのが恐くなってきた。ランエボのターボでも
ぬをぉおっおって思ったし、機械的能力が上がっているのは確かなんだけど
ねぇ。

当然334ビデオも見せて、自慢してきました。(笑)
鶴仙人はベティちゃんを、嫌ってバカにしてるんで。(爆)
メーター誤差が・・、200-300何秒・・、何時だ寒い時だろ・・、
等とイチャモンつけてましたが、流石に事実を突きつけられては・・。
「スパチャー付けて800する?」って、少しは興味が出てきたようデス。
次は隣に乗せて、フガフガ言わせちゃおうかにゃ。(爆)
by COOPER99 | 2008-04-30 22:23 | うぃっす | Comments(10)

リベンジ

利便時と書いてリベンジと読む、オラはチンクに乗りたいんじゃぁー。
てな訳で、別のα波を発しているお店へ行ってみた。
平日の午前中という、暇な時間なら逃げも隠れもできんやろぉー。(笑)
作戦が功を奏して、まんまと試乗車GET。
展示車も売約済みで、売れてるんだねぇ。
mippleさんが乗ったのと同じ、POPの赤いシートが付いたやつでした。
「何でぇ~」と聞いたら、試乗車用に作られた非カタログモデルだそうな。
後々、中古に出てきたら判別しやすい違いとして覚えておきましょう♪。

いやん、カワイイー。乗る前からデレデレなんですがぁ。
落ち着いて、よく見ましょう。イタ車は初めてなのぉ~、優しくしてね。
そんなに色々な物が付いている訳ではないので、迷う所は少ないですが
戸惑う所が無いわけでも有りません。デュアロジックってパーキング
ポジションが無いのね、むかぁ~しのミニのATみたいだにゃ。
リバースにシフトすると、リアワイパーが連動するなんて賢い所も持って
いたりします。デザイン優先に見えるシートには、リフターも装備して
してますが後ろだけ上下するのは???。キャビンはオラのミニの横幅が
広がっただけ?。(笑)前席は頭上も余裕だけど、後席は首が曲がります。
こういう車は、これでいいのだ!。仲良しがぎゅうぎゅう詰まって乗る
のが楽しいの。1眼のメーターは、瞬時に読み取れないけど飾りですから。
エンジンルームは見るからにイタ車、最近の車には珍しいスカスカ具合
です。エッセエッセとかアセットコルサとか、楽しみぃ~。

試乗はオラより重そうな兄ちゃんと、教習車の様に大人しく一回りして
きました。かなりヒョコヒョコ・グラグラ・しますが、ストロークを使った
優しい乗り心地です。やっぱり小さいのは楽だねぇ、高速へ上がらなければ
パワーも十分。元気なエンジンですが、踏んだところで所詮1.2L。
タイトスカートにハイヒールのおねえさんに、無理言っちゃあいけません。
タイヤサイズが大きく感じる(サスが負けてる)のが、チョット惜しい。
その代わり、荷重移動に気をつければそこそこ走るんじゃない?。
小さい軽いは、百難隠すと。1番確認したかったデュアロジックですが、
これならオラは全然OKっす、たしかにつんのめる感じはしますけどね。
クリープは無いけど、微速前進もクラッチミートも上手にこなします。
マニュアル操作とアクセル戻しは、最後まで息が合わずに終わってしまった
んで、採点は持ち越しにします。アクセルの状態で、かなり変速パターンが
変化するようですな。オートがキビキビ走る設定なので、オラならコキコキ
しないだろうな。Eモードは試しませんでした、ハンドルが小さいので
シティモードは使える機能だね。

やっぱ1.2Lでいいかなぁ、高速へ上がる機会は殆ど無いし。
折角静かな車だしねぇ、コンパクトは欲張ると何も良い事は無い。
颯爽と歩く、新人OLさんみたいな感じがたまらんのだ。(爆)
しかし、何で日本向けはUSBソケット無くしちゃったんだろう?。
オプションも制限されて、カタログも満足にない。供給元がいい加減なの
は、毎度の事だが頂けんなぁ。「差し上げられるのはコレだけです」って。

d0008367_1524374.jpg

by COOPER99 | 2008-04-29 15:06 | うぃっす | Comments(16)

番長レラ伊藤

気になったんで調べてみたが、まとまった良い資料って無い?。
メーカー発表値は当てにならんし、場所や条件もまちまちだしねぇ。
公式非公式もあって、グレーゾーンな夢の世界ですな。(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ブガッティ・ヴェイロンを超えた! 世界最速市販車登場(2007年11月30日)
世界最速の市販車は何か? と聞かれてほとんどの人がブガッティ・ヴェイ
ロンと答えると思うが、実は9月に市販車の最高速度記録が塗り替えられて
いる。市販車として最速をマークしたのは、SHELBY SUPER
CARが製作した「SSC Ultimate Aero」。2007年
9月13日に記録に挑戦し、10月9日にギネスに登録された。舞台と
なったのは、アメリカのワシントンにあるハイウェイ221。速度測定は、
直線コースを1時間以内に2回走り、その平均を公式記録として残す方法
を採用した。1回目の走行で時速414.31km、2回目の走行で時速
410.24kmを記録し、その平均である時速412.28kmが最高速度
として記録された。これまで、市販車の最高速度記録はブガッティ・ヴェイ
ロン(非公式記録)の時速408.47kmだったが、それを時速4km
程度上回り、公式・非公式記録を含めて最速の市販車となった。なお、
「SSC Ultimate Aero」の最高出力は、1183bhp/
6950rpm。駆動方式はMR。価格は、65万4500ドル
(日本円で約7220万円)。

『Option』で発表された形としては、1991年にアメリカのボンネビル
スピードウェイにて、JUNオートメカニックチューンの日産・フェアレディ
Z(Z32)に乗り、E/BMSクラスにおいて419.84km/hをマークしワールドチャン
ピオンに輝いた(正確にはこの速度でエンジンブローしてしまったのだが、
この記録は今も破られていない)。ちなみに、制作者である小山進が同一
車両にて421km/hのワールドレコードを叩き出している。また、コースを
クローズせず、完全な一般車交じりのドイツ・アウトバーンにてBLITZ・
R-348を駆り、343km/hという、非公認だが一般公道世界最速記録を叩き
だしている(クローズドコースでは9ffチューンのポルシェ・911が388km/h
、一般道をクローズした物を用いた記録はポルシェ・911の347km/hが世界
記録となっており、余談だがスピード違反で捕まった最高速記録はスモー
キー永田の317km/hである)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

流石は番長の国、アルティメイト・エアロですって。
タイヤはどうしてるんだろうねぇ?。
何だかんだ言って、レコードブレーカーでは飾っておくしかないし。
9ffのは、目張りしてるしミラー外してるしインチキ。
エアコン、NAVI付き、コンビに駐車可で、「お連れさん」が乗って
くれる車と言う条件での最速って・・?。(笑)
最後の記録なら、更新間近かもぉ~。(爆)

P.S.
こんなん出てた、205マイル=328km。

New Corvette ZR1 Tops Out at 205 MPH

♪どうしたんだ ヘヘイベイベッ 620ps のはずだぜ♪
♪何時ものように 決めてぇ ブッ飛ばそうぜぇ♪
スペックよりも、ソウルですな。
by COOPER99 | 2008-04-28 16:27 | CORVETTE Z06 | Comments(8)

白黒祭り

何時もの時間の何時もの場所が、何やら騒がしい事になっております。
変わった団体さんが、5~6箇所で集団を形成しており・・。
パンダの1本釣りが、絶え間なく上下線を入ったり来たり・・。
うわっ、コッチに来た・・。

d0008367_1624429.jpg


更に未確認飛行物体が・・。

d0008367_16245657.jpg


ならばコレでどうだぁ、白黒ツートンGT3。(笑)

d0008367_16253326.jpg


これ見よがしはってんで、クリアブラックを吹いてあります。(埃付き)
穴、開けましょうか?。(爆)

d0008367_16255188.jpg


赤福県警所属でつか?。
次回までにスーチャー付けて、500超えって事で。(笑)

d0008367_16263827.jpg


ん~、場所を鄙び系に変えた方がイイかもぉ~。

今日の一言
「スムーズにバックしてたもん」。(ぶっひゃっひゃ)
なんちゃってパチ物GT3も見れて、メデタシメデタシ。
by COOPER99 | 2008-04-27 16:27 | うぃっす | Comments(12)

STS

ベティちゃんの修理の間に、キャディラックを借りた。

d0008367_16533587.jpg


皆さん興味が無いので、どんな車か知らないと思うけど。(笑)
オラも良く分かってない。(あひゃひゃ)
STSとCTSが有って、それぞれSTS-VとCTS-Vってモパーな
のが居る。実はベティちゃんと同じ工場で作られる、兄弟車なのだ。
なのでセダンのベティちゃんとも言えなくは無い、共通部品も有った。
大きさもベティちゃんを縦に大きくした感じで、今は珍しい縦目ですぜ。
FFでV6の3.6Lに5速ATです、うにうに動くシートにボーズの
スピーカーがやたらたくさん付いていました。

フルサイズのボデーに3.6Lでは、非力なイメージだけど乗っていると
不思議と感じなくなってきます。ちゅーかそこそこ走るぞ、雨だったんで
踏み込むとFFはいとも簡単にトラコンのお出まし。上品なセダンとして
日本で乗るには、コレで十分なパワーなんでないの。ATの変速もロック
アップも、好みの感じです。パドルは無いけど、マニュアル側へ倒すと
スポーツモードになって、コキコキするとマニュアル操作が出来る面白い
仕掛けになってます。デカイくせに取り回しも楽で、まったく苦になりま
せんでした。兄弟車のせいか?、四角いボデーのせいか?、最初から問題
無く乗れたのは驚き。バックソナーは音とランプの簡便なものですが、
なかなか的確で世の中便利になってますなぁ。乗り心地は所謂高級セダン
で、乗っているとだんだん姿勢がだらけてきてしまいます。(笑)
当然脚は柔らかく、ロールもピッチも大きく出ますが、減衰も上品にまと
めてあって悪くは無い。そんな状態でも、舵の効きが正確で狙った通りに
走れるのがイイ感じです。ブレーキもカックンではないし、思い通りに
動かせるのは気持ちいい。一人で乗ると、フロントヘビーでダイブが気に
なるけど、4人ならマシになるのでは?。ハンドルは軽くて、片手でクル
クルしたくなります。んな感じかな、大体オラはセダン乗らない人なんで
相対的に比較は出来ませんので。

オーディオも凝った物が付いているようで、かなりの音量でも歯切れの良い
音を鳴らしてくれますボーズ。スピーカーがシートの肩にも2つ有って、
全部で十何個付いているとか。流石に定位とかバランスも大したもので、
音源も良いものでないといけないくらいのレベルですねぇ。
唯一ダメな所は、トランク。開口部が小さいんですよ、そして奥行きも幅
も有るのですがタイヤハウスの出っ張りが邪魔で、スーツケースもゴルフ
バックも積むのに制限が有ります。凸型に成ってしまってしまっているの
デス。

でもねぇ、欲しく成っちゃいました。(笑)
なんかねぇ、ことのほか気に入っちゃったんですよぉ。
意外に、一般ピープルうけも良くてねぇ。
かと言って、あっても使い道がないのですがぁ。
じゃあ何で欲しいかと言うと、想像したのが不倫旅行。(爆)
人知れず山奥の温泉へ人妻と出かけるのに、このしっぽりした感じが合う
なぁ~。(あぁ~、しっぽりしたいぞぉー)
by COOPER99 | 2008-04-26 16:55 | うぃっす | Comments(10)

明日は何の日だ

それは、中部地区の認知症オヤジの集まる日でつ。

早めに言うと忘れるしぃ、直前に言っても覚えれない。(笑)

イイんです、同じ話を何度もリピートしてこそ立派なオヤジでつ。

そのうちに覚えるさっ、月に1度はやってますの夜会だぜっ!!。

何時もの時間に何時もの場所で、一目会ったその日から恋の花咲く事も有る

見知らぬあなたと見知らぬあなたが、ぱんちゅ DE デート!!。

ぱんちゅ履く暇も無い方も居られる様ですが、忘れずに履いて来てネ。

人権保護の立場から通報はおやめください、国家による弾圧反対。(爆)
by COOPER99 | 2008-04-25 18:36 | うぃっす | Comments(12)

ヘッドスパ

最近は、「俺の背後に立つんじゃない」のゴルゴ13なオラです。
白髪はまだしも、ハゲは嫌じゃー。(悪あがき)
オヤジより先に、ハゲるのだけはプライドが許さん。
頭頂部の血流を確保する為に、静かなブームになりつつあるヘッドスパ
成るものを体験してみた。(笑)

ネットで検索してみると、かなり広がっているでは有りませんか。
ナント行きつけの店でもやっていたので、そりゃ~ナイスでんがな。
岩盤浴じゃないけど、流行に合わせて「スパ」と言っていますが、実際は
マッサージですな。脳ミソが茶碗蒸しになるのかと想像していたのですが、
そんな事はしませんでした。マッサージ自体は激しいので、つるっパゲに
なってないか心配になったよぉ。(笑)

オラの大好きな、○頭にローションを垂らし激しく刺激する、アレを頭に
施すと言うと良くお分かりでしょうか?。
同じ様な心地よさが有りますデス、おかげで脳ミソが漏れ出てしまいそう
になりました。(爆)

この店も、生まれる前から知っている息子が、修行から帰ってきて切り盛り
し始めました。気付かぬうちに時は流れていきますな、オラもハゲる訳だ。
いやっ!、やっぱりハゲは嫌じゃー!!。(わらをも掴む)
by COOPER99 | 2008-04-25 18:34 | うぃっす | Comments(8)

拝啓、ミニは元気です

冬場はオイル漏れの激しいミニ君の、オイル交換へ行って来た。

ご近所様から苦情が出るほどの(笑)、激しいオイル漏れだったので一応
対応はしておいたんですのよ。
エンジンオイルの方は、オイルフィルターケースが緩んでしまった様で、
フロントグリルを外して増し締めしてみました。
それで停車しておいても、おねしょの跡が付かなくなったので良しとしま
しょう。

困ったチャンのブレーキオイルの方は、タンクAssyでも部品が出るって
噂も聞きましたが、欲しいのはシールだけなのよねぇ。数百円の部品の為に
3万も払うのは、気が進みません。マスターAssyの7万よりはマシだ
けどね。んで、最悪シリコンコーキングで塞いじゃうかと思いましたが。
よぉ~く見ると、縮こまって隙間が出来た分から漏れているのだから、隙間
さえ何とかすれば・・。ポク ポク ポク チィーン!、ひらめきました。

d0008367_20185679.jpg


片側へ押し付ければいいんです、上?下?、手っ取り早いのはこちら。
部品代約¥50、作業時間約5分、完成です。(笑)
コレで見事に、漏れが止まりました。(ラッキー)

この状態で、N君の所へオイル交換へ行ったものだから。
「コレってもしかするともしかする?」。w
「へい、そのもしかです」。ww
「止まった?」。www
「見事に」。wwww
と、爆笑で。
ミニ乗りの方、この手は使えまっせー。

隣の買取アップルの店長も交えて、334ビデオも見てよだれも垂れる
大爆笑。店長会議で報告すると言ってました。(爆)
笑いは健康の為にも必要です、「笑う角に福来る」さぁ福カモォ~ン。
by COOPER99 | 2008-04-24 20:19 | MINI COOPER | Comments(6)

メイド いん ジャパン

炭素繊維フェチの皆様、鎖国すれば一人勝ちですぜ。(笑)
引用に当ってかなりシェイプしましたが、超長文なんで評論は無しで。(爆)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

炭素繊維は究極的な軽量化材料であるにもかかわらず、今まではコスト面
で折り合わず用途が広がらなかった。これが環境問題や資源問題の深刻化
で、費用対効果が急上昇してきたのである。主要な炭素繊維メーカーは、
東レ、東邦テナックス、三菱レイヨンの日本勢3社と台湾プラスチックス。
この4社のうち、台湾プラスチックスは汎用用途向けの単一グレードの炭素
繊維しか造れていないので、航空・宇宙分野やこれから需要が予想される
自動車などハイテク分野向けの炭素繊維は日本勢の独壇場になっている。
日本メーカーの世界シェアは75%にのぼり、ハイテク分野ではほぼ独占
状態。宇宙分野では「日本の炭素繊維がなければ人工衛星は飛ばない」
状況になっている。特に航空機の構造部材でデファクト・スタンダードに
なったのは、造るうえでの難しさと複雑さがあるようだ。PAN系炭素繊維
は、PAN繊維を高温で炭化して造る。外見は同じに見えても、表面には
ケバがたっていたり、途中で切れたりとかの欠陥が必ずあるものなのだ
そうだ。これらは、原料であるアクリル繊維にどのようなものを使い、
プロセス条件をどう振るかで、微妙に変わってくる。

バラつきのない製品を量産する
「品質のバラつきがない均一なものをなるべく欠陥なく、工業的に使い
やすいように造るのはものすごく難しい」。撤退した欧米メーカーは、
これができなかった。日本勢3社がいずれも繊維メーカーで、アパレル向け
のアクリル繊維を製造していた点も有利に働いた。欧米メーカーは、元々
化学メーカーでそうしたノウハウを持っていなかったのである。「均一」
なものを安定的に量産するというのは、日本メーカーの特技であるといえ
るのかも知れない。

「公差」をめぐるある「事件」
日本のメーカーからの依頼で、米国メーカーの中国工場で部品をOEM生産
することになり、橋渡しを担当した。その部品は、二つの部品から成り、
各々を工作機械で加工した後に、ねじ止めして組み立てるという単純な
もので、中国工場で生産することによりコストダウンできると考えた。
試作を経て、中国工場で量産が始まったが、最初のロットの部品を見て
驚いた。接合部が指定した公差の範囲外のものが多かったのである。公差
範囲外だとねじ止めできないはずだが、部品の中から寸法が合いそうな
部品の組を見つけ出して、無理やりねじ止めして出荷してきたのである。
大至急製造を中止して、公差の範囲内に収まるように機械加工のプロセス
をやり直すようにお願いした。日本の常識から言えば当然のことだった。
しかし、米国本社の担当者も中国工場の担当者も、その依頼を理解できな
かったのである。「個々の部品には問題はあるかもしれないが、結果とし
てねじ止めできた部品を提供できたのだからいいではないか。この部品は
いったんねじ止めしたら将来にわたって外すことはまずないはずだ」と
主張した。「いやそれでも故障やメンテナンス時に別部品に取り替える
こともある。どんな部品を持ってきてもきちんとねじ止めできるように
設計し、公差を決めたのだからぜひ守ってくれ」と必死に説得したが、
「それは特殊ケースだから個別に対応すればいいことだ」と聞き入れられ
なかった。悪意があったわけではなく、「なぜ,日本人はそんな細かい
ことにこだわるのだ」と唖然とした様子だった。

可視化できない「均一さ」
炭素繊維の話に戻ると、「均一さ」の中には寸法や強度のように可視的な
指標だけでなく、使い勝手のような定性的なものも含まれる。例えば、
繊維のケバがどの程度あるかといったことが、その後のプリプレグや織物
を造る工程に微妙に効いてくる。なかなか数値化しにくい様々な要件が
合わさってトータルな使い勝手を決めており、しかもその使い勝手がどの
ロットをとっても同じである「均一さ」が求められる。日本のメーカーは
、この「使い勝手」に代表される可視化しにくい顧客のニーズにきめ細か
く応えて、専用グレードを開発してきた。「航空機メーカーのお客さんと
は『同じ言語』で会話できる関係を十数年かけて築いてきた」とメーカー
は語る。その結果、日本の材料メーカーは、顧客ごと、用途ごとに微妙に
材料特性などを変えて、多くのグレードを抱えるに至っている。そうして
開発したカスタムグレードをいったん採用すると、他社の同様グレードで
置き換えができない。同じ用途向けで物性値などが同じグレードであった
としても,微妙な違いにあわせてプロセス条件や装置を導入しているため
に、再投資が必要になってしまうのである。機能材料の世界では一般に、
各用途ごとに最初に製品化した企業が市場を制する「先発優位」の傾向が
強いと言われている。

「違い」を決めるのは顧客
その「違い」を最終的に決めるのは、供給側ではなくて顧客ではないかと
いうことだ。供給側がどんなに差別化して違いを出したと思っていても、
顧客が「ある範囲の中だったらどれでもいい」と判断すれば、その「違い」
は見えないものになる。顧客次第だとすれば、そこに日本企業が陥りやすい
落とし穴があるという見方もできる。材料メーカーに限らず、ともすると
日本メーカーは、顧客には分からない「違い」を自己満足的に作り込んで、
カスタムグレードがどんどん増えてしまいがちだと言われている。そう
なったら、つくりこんだ「違い」は過剰品質となる。

「違い」を共有してきたクローズドな文化
日本では、材料や部品の顧客である設計者自身が、材料メーカーや部品
メーカーに「違い」、つまりカスタム品を要求し、材料・部品メーカーは
それに応えてきた「文化」がある。材料・部品メーカーとセットメーカーは
、共通言語でしかも阿吽の呼吸で「違い」を共有してきたと考えられる。
今後、グローバル化が進展し様々な国の企業が入り組んだプロジェクトが
増えるに伴い、簡単には「違い」は分かってくれないと思った方が良さそう
である。「違い」を分かってくれるかどうかは、部品ごとに多様であり、
社会環境によっても変化する。その変化を見ながら、顧客が分かる「違い」
をどうつくりこんでいくかが日本の製造業に共通する課題ではないか。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by COOPER99 | 2008-04-23 18:45 | トリビア | Comments(4)

90G

浜崎りおは、イイ!。

d0008367_20171615.jpg


頑張ってるなぁ、出まくってるなぁ。

WiKi
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%B4%8E%E3%82%8A%E3%81%8A

どこがって?、そう言うのが無い所がイイのデス。

ブログ

健気な娘は、指名したくなるのだぁ。(ポヨヨン&プルルン)
by COOPER99 | 2008-04-22 20:18 | うぃっす | Comments(6)

マグナムが効かねぇ!


by COOPER99